株式会社Otono

ABOUT US

代表メッセージ

日本中の「もったいない」は、
オトでもっと輝けるはず

静岡は、日本に誇る宝の地だ。それを1人でも多くの人に伝えたくて、私たちはOtonoを立ち上げました。創業の地・静岡と言う場所の土地の豊かさ、人の暖かさ、空の青さ。こんな素敵な場所の魅力を世界中の人に、そして地域の人にもっと知ってほしい。この場所が持つ歴史や文化をひも解いて生まれるストーリーを「音声」で演出することで目の前の風景は色を変え、彩りを増し、地域をもっと好きになれます。

Otonoは観光地や商店街、日常の中にある景色を、オトの力で劇場に変え、訪れた人に笑顔や驚き、切なさを生み出す音声アトラクションです。眠らせたままじゃもったいない。日本中の宝をOtonoが輝かせます。 日本中を、もっとエモーショナルに。

株式会社Otono代表取締役 青木真咲

VISION

静岡愛の総量を増やす。

静岡に住む人、訪れた人が、もっと静岡を好きになり、関わり続けられるまちに。

MISSION

まちの「光を観る」人を増やす。

観光とは、まちの本来の価値(光)を見つめ、 愛でることができる人によって生み出されるものであると考えています。 私たちは、まちが持つ価値を新旧内外様々な視点によって見つめなおし、 新しい価値の創造に取り組んでいきます。

VALUE

役員紹介

代表取締役社長 青木 真咲

大阪府出身、京都大学卒。2012年日本経済新聞入社。東京、静岡で記者として勤務。転勤先の静岡の魅力に惹かれ、2017年に退社、静岡の地域活性化事業の創出を目指し㈱Otono代表に就任。

代表取締役社長 青木 真咲

取締役 住吉 昂太

静岡市出身、慶應義塾大学卒。学生時代より多数の地域活性化プロジェクト、イベントを企画・実施。スポーツ庁主催の「パブコン~もしもあなたがスポーツ庁長官だったら~」のプレゼンコンテスト2018にて優秀賞を獲得。静岡鉄道㈱に勤務する傍らOtono取締役に就任。

取締役 住吉 昂太

Project Members

クリエイティブディレクター

佐々木 啓仁

多摩美術大学美術学部卒。都内のWEB・映像制作会社でプロデューサー、ディレクター、TVCMのプランナー職を経て独立し、株式会社ネル・ラボを設立。プロモーション映像やイベントの企画制作、教育コンテンツの企画開発などを手掛けている。新江ノ島水族館「ナイトワンダーアクアリウム2017」では総合演出を担当。事業者向けに情報発信に役立つ「動画制作ワークショップ」も主催している。

観光開発プロデューサー

石崎 美映子

観光業に携わり、海外、国内添乗経験日数3000日以上。その他、観光部門の立ち上げ、地方都市や中山間部の開発、着地型観光プロジェクトを構築推進。先進的事例から、グリーンツーリズムの講師などを行う。近年は各地のヘルスツーリズムアドバイザーとして、知見を活かしながら静岡の観光開発にも取組む。

人材理念

専業禁止・副業必須。 Otonoに関わるすべてのメンバーは2つ以上の仕事を持っています。それぞれにしかない視点で、多様な価値観を集約することで、スピーディーな事業成長を実現します

地域×起業家=ローカルプレナー 地域をより良く、よりエモーショナルにするための精神として、自らが新たな挑戦を続ける「ローカルプレナーシップ」を育む

主な受賞歴

J300アワード2019 大賞 (内閣府 男女共同参画推進連携会議・J300実行委員会)

第17回しずおかビジネスプランコンテスト 最優秀賞 (静岡市産学交流センターB-nest)

しずぎん起業家大賞2018 ファイナリスト (静岡銀行)

第29回静岡県ニュービジネス大賞 特別賞 (静岡県ニュービジネス協議会)

企業概要

企業概要

株式会社Otono(オトノ)

●本社 静岡市葵区七間町7-8 セブンセンタービル 2F

●三保松原ミュージアムショップ 静岡市清水区三保1338-45 静岡市三保松原文化創造センター(みほしるべ)

●事業内容 ・観光地を劇場化する音声アトラクションOtonoの企画/開発 ・ミュージアムショップの運営 ・観光地向けAI/IoT導入支援

MAIL : info@otono.site