オトノ Otono

ABOUT US

代表メッセージ

日本中の「もったいない」は、
オトでもっと輝けるはず

静岡は、日本に誇る宝の地だ。それを1人でも多くの人に伝えたくて、私たちはOtonoを立ち上げました。 この地にいるからこそ分かる土地の魅力、この自慢の風景をもっと知ってほしい。この場所に眠る伝説、ここで起きたかもしれない物語、そんなストーリーを「音」で演出することで目の前の風景は色を変え、彩りを増し、私たちを劇場に連れて行ってくれます。

Otonoは観光地や商店街、日常の中にある景色を、オトの力で劇場に変え、訪れた人に笑顔や驚き、切なさを生み出す音声アトラクションです。眠らせたままじゃもったいない。日本中の宝をOtonoが輝かせます。

日本中を、もっとエモーショナルに。

株式会社Otono代表取締役 青木真咲

「がっかり遺産」とよばれた悔しさは、
今もわすれません

2013年、静岡市清水区の三保半島にある「三保の松原」が世界文化遺産に登録されました。美しい松林に富士山と駿河湾を眺めるその風景は、多くの人々を魅了し、「芸術の源泉」として様々な伝説を生み出してきました。私たちにとって心からの誇りでした。
やがて、このまちにも「観光」に注目が集まるようになりました。海外からのお客様も増え、三保の松原にもたくさんの方が足を運ぶようになりました。しかし、そこで目にした姿は、観光客の喜ぶ姿ではありませんでした。
「きれいな富士山を期待してきたのに、曇っていて見えない。本当に残念。」がっかりした顔でそうお話される姿を、私は見ていることができませんでした。何より、その魅力を伝えられないくやしさに涙があふれてきました。先祖代々、この地ではぐくまれてきた宝物、今こそ私たちの世代がその魅力をもう一度伝える努力をしなければいけない。「地方の観光地がもっと輝くためにはどうすればいいのだろう」
その答えを、私たちはサンフランシスコのアルカトラズ島に見つけました。囚人の島として有名なこの地は、今や世界各地から毎日何千人もの観光客を集めています。人をひきつける魅力、それはアルカトラズストーリーともいえるドラマを、「オト」と「ストーリー」で巧みに伝えていたのです。音声ガイドを聞きながら、ある時は笑い、ある時は悲鳴をあげ、またある時は涙する。訪れる人々がみな時の世界観に入り込んでいるそのシーンは、まさにアトラクションそのものでした。「これからの観光地に必要なのはこれだ」Otonoの構想はここからはじまったのです。
静岡・清水だけでなく、日本のあらゆる地方には「そこしかない」魅力にあふれています。観光地だけでなく、商店街の街並みやご当地グルメ、そこに住んでいらっしゃる人だってそう。それはすべて、Otonoが伝えたいことそのものです。Otonoが広がることで多くの場所を輝かせ、がっかりを感動に変えていけるはずです。

「オトとストーリーであらゆる場所を劇場化しよう」
壮大なビジョンを掲げながらも私たちはまだまだ力不足です。同じ夢を一緒に見ていただける方との出会いを、心待ちにしています。

株式会社Otono代表取締役 竹内佑騎

経営理念

あらゆる観光地を、
もっとエモーショナルに

ミッション

私たちは、観光地が持つ魅力をもっと伝えることで、訪れる人たちが喜び、驚き、時に涙するような感情を起こす力があると信じています。私たちは事業を通じ、観光地に最適な形で感情を作り、届けます。

ビジョン2020

日本中の観光地を劇場化する

Board of Directors

代表取締役社長
青木 真咲

大阪府出身、京都大学卒。2012年日本経済新聞入社。東京、静岡で記者として勤務。転勤先の静岡の魅力に惹かれ、2017年に退社、静岡の地域活性化事業の創出を目指し㈱Otono代表に就任。

代表取締役社長青木真咲

代表取締役副社長
竹内 佑騎

静岡市出身、大阪大学卒、早稲田大学MBA卒。2015年、㈱竹屋旅館代表取締役。トリップアドバイザーや楽天トラベルなどで複数の賞を受賞。「観光はその地と共に育つ」の理念の元、2017年にOtonoを発足、代表に就任。

代表取締役副社長竹内佑騎

取締役
住吉 昂太

静岡市出身、慶應義塾大学卒。学生時代より多数の地域活性化プロジェクト、イベントを企画・実施。スポーツ庁主催の「パブコン~もしもあなたがスポーツ庁長官だったら~」のプレゼンコンテスト2018にて優秀賞を獲得。静岡鉄道㈱に勤務する傍らOtono取締役に就任。

取締役住吉昂太

Project Members

クリエイティブディレクター
シナリオライター

岩﨑 敬

静岡市出身。広告代理店、広告制作会社を経て独立。クリエイティブI'S、T.I.C.開業。代表コピーライター&クリエイティブディレクターとして35年以上広告畑を中心に活動中。静岡おでんの会ほか街おこし活動にも仕掛人として参加。2018 SCCメンバーズ大賞ほか受賞歴も多数。

岩﨑敬

クリエイティブディレクター
ドラマチックフォトグラファー

舘林 佳史

静岡市出身、ジュエリーデザイナー茜工房代表取締役。ドラマティックストーリーフォトグラファー。【誰でも物語の主人公になれる】をキャッチフレーズに静岡を中心に映画やドラマのワンシーンの様な写真を撮りインスタ(tatephotox)フォロワー18000を超える人気カメラマン。

舘林佳史

クリエイティブディレクター

高森 雄登

焼津市・静岡市にて障害者支援施設、自立支援施設、デイサービスを運営するスタジオプレアデス代表。静岡の伝統工芸技術を生かした総手彫りの国産ヒノキ製ジャパンティアラを製造し、ウッドデザイン賞など受賞。

高森雄登

クリエイティブディレクター

前田 一

静岡市出身。静岡県立大学経営情報学部卒。
静岡の地で生まれ、静岡と共に成長してきた生粋の静岡人。一児の父。「生涯青春」をモットーに、子供たちが全国・世界に自慢できる魅力ある静岡を創り出すことが夢。

前田一

人材理念

専業禁止・副業必須。
Otonoに関わるすべてのメンバーは2つ以上の仕事を持っています。それぞれにしかない視点で、多様な価値観を集約することで、スピーディーな事業成長を実現します

地域×起業家=ローカルプレナー
地域をより良く、よりエモーショナルにするための精神として、自らが新たな挑戦を続ける「ローカルプレナーシップ」を育む

Value

  • アントレプレナーとしての創造力
  • 音速で動く:スピーディーに変える
  • 波及:周囲へのシナジー
  • よく学びよく真似ぶ
企業概要

企業概要

株式会社Otono(オトノ)

●本社
静岡市葵区七間町7-8
セブンセンタービル 2F

●三保松原世界遺産オフィス
静岡市清水区三保1338-45
三保松原文化創造センター(みほしるべ)

●事業内容
・観光地を劇場化する音声アトラクション
Otonoの企画・開発
・ミュージアムショップの運営

MAIL
otonotour@gmail.com

IT音声ガイド「Otono」の資料が欲しい、導入を検討したい、一緒に働きたい!等、何かご相談がありましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。